家庭円満の秘訣を公開します

f:id:littlemasa:20180528221315j:plain

 

こんばんは、リトルです。

 

今回は、「家庭円満の秘訣」について記事を投稿します。

 

「リトルはほぼ夫婦ネタだから、見飽きた」などのツッコミは無しでお願いします。

 

我が家は自分で言うのもなんですが、家庭円満です。

 

比較的に、僕自身妻にベタ惚れですし、喧嘩もしたことありません

(お互いに穏やかで喧嘩になりようがない)

 

どうして、我が家はこんなにも仲が良いのかを妻と話した結果が

 

お互いに知らず知らずのうちに『T-UP』をしているからではないか?

 

という結論が出ました。

 

家庭円満な家庭が増えることが世の中をよりよくすることだと思っていますので

 

家庭内の『T-UP』をご紹介したいと思います。

T-UPとは何か?

f:id:littlemasa:20180710210034p:plain

 

この『T-UP』とは、ゴルフをされる方なら簡単にイメージできると思いますが

 

ゴルフ用語の『ティーアップ』が由来になっている言葉です。

 

ゴルフのティーティーアップとは、ゴルフボールをちょっと上げて、

 

打ちやすくすることです。

 

ゴルフ用語が何故家庭円満になんの関係があるのかというと…

 

 それがコミュニケーションの一つのテクニックになっているからです。

 

つまり、『相手を持ち上げる』ということです。

 

『持ち上げる』という言葉しっくりこない方は『尊重する』という言葉に変えてもいいです。

 

分かりやすい例としては

 

普段から全く勉強をしない子供に向かって、母親が『勉強しなさい!』と

 

言っても聞かないサッカーが大好きなお子さんがいたとして

 

そのお子さんが好きなサッカーの「本田選手」や「大迫選手」などが

 

勉強の重要性を語ったら言うことを聞いて、黙々と勉強をするようになるというものです。

 

お子さんの『勉強』に対する見方が変わったのがご理解頂けたでしょうか?

 

では、これを家庭内へ落とし込んでいきましょう。

家庭内でのT-UPの考え方

現代において、『夫を立てる』という言葉や考えは死後になっていますし

 

現代の日本では『立てる』=『煽てる』『お世辞』など少し悪いイメージが定着しつつあると思います。

 

しかし、『夫を立てること』が『T-UP』=『尊重』になります。

 

当然ですが、『妻のことも立てる』つまり『T-UP』が必要になります。

 

この『妻を立てる』ことが出来ている男性はどれだけいるのかが

 

よりよい家庭を作る中で必要不可欠になってきます。

 

『夫が立ててもらって当然、妻は夫より下』

 

こんな考えの男性は愛想つかされて当然ですよね。

 

我が家では、お互いを立てて尊重し合っています。

 

お互いが悪口を言ったり、文句を言ったりすることはありません。

 

悪口や文句を言う=T-UPの反対にT-downになってしまいますので

 

家庭環境はますます悪くなるのは、言わなくてもわかりますよね。

 

人生において、身近な存在である家族が幸せであることが1番です。

 

決して、友達や、会社の関係者ではありません。

 

まずは、お互いに夫婦のことを1番に想う関係になることから始めてみるのはいかがでしょうか?

 

僕の記事が少しでも誰かの為になれば幸いです。

 

是非、お試しください。

 

具体的にどんなことをしたらいいか教えて欲しいという方は

 

LINE@でも情報提供していますので

 

是非お気軽に相談・連絡してください。

 

LINE IDはこちら

 

検索ID @ysq4919u

友だち追加